不動産一括査定サイト

失敗します

不動産一括査定サイトの査定額をそのまま信じてはいけません。

 

不動産売買は大きなお金が動くので、ほとんどの人は失敗したくないと考えます。

 

不動産一括査定サイトは大変便利なシステムですが、逆に不動産業界のシステムを知らないと失敗します。

「最高価格の不動産会社にお願いすればOK!」って?

不動産一括査定サイトでよくあるパターンです。

最高価格

最高価格のC社に売却をお願いしましょう!
これで最高価格で売れますよ!

 

バツ

はい、不動産一括査定サイトの落とし穴。

 

査定額が高すぎても要注意!

 

不動産業界には、「囲い込み」という言葉があります。

 

これは、わざと高い査定額を提示しておいて、専任媒介契約を取った後、しばらくして、

 

「この価格だと売れないから、値下げしましょう」

 

という流れにもっていくもの。

 

(※専任媒介契約を結ぶと、他の不動産会社を利用できなくなります。)

 

必ずしも、そこに悪意があるとは限りませんが、相場よりも高すぎる査定額が提示されたら注意が必要です。

 

だから、ご自身の不動産の相場を把握しておかないといけないのです

 

高い査定額が提示されたからと言って、喜んではいけません。

 

きちんと、相場と見比べるようにしましょう!

 

⇒ 自宅で相場が把握できるサイト

媒介契約について

不動産会社に売却してもらうには、「媒介契約」を結ぶ必要があります。
「媒介契約」には3種類ありますので、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
複数社へ依頼 × ×
自分で活動する ×
レインズへの登録 5営業日以内 7営業日以内 登録義務なし
売却活動報告 1週間に1回 2週間に1回 報告義務なし
契約期間 3ヶ月間 3ヶ月間 特に無し

※レインズとは?…国土交通省指定の不動産流通機構。会員の不動産会社が情報登録、検索することができるシステムで、登録された物件が会員会社間で広く共有されます。レインズにより情報は広くいきわたります。

 

≪専属専任媒介≫
依頼できる会社は1社のみとなります。
不動産会社は、5営業日以内にレインズに登録し、書面等による販売活動報告を、1週間に1回以上行います。
売主が自身で購入客を見つけた場合でも、依頼した不動産会社を通して契約しなければなりません。

 

≪専任媒介≫
依頼できる会社は1社のみとなります。
不動産会社は、7営業日以内にレインズに登録し、書面等による販売活動報告を、2週間に1回以上行います。
売主が自身で購入客を見つけた場合は、依頼した不動産会社を通すことなく契約することが可能です。

 

≪一般媒介≫
複数の会社に依頼することが可能です。
不動産会社には、レインズの登録義務や販売活動報告の義務がありません。
売主が自身で購入客を見つけた場合は、依頼した不動産会社を通すことなく契約することが可能です。

じゃ、複数社と契約できる一般媒介契約にしたら?

バツ

一見、複数の不動産会社と契約すると、すぐに売却できそうですが、必ずしもそうとは限りません。

 

一般媒介契約の場合、他社に手柄を取られる可能性があるので、積極的に動いてくれないことが多いのです。

 

せっかく、チラシを作成したり、情報誌に載せたり、費用を掛けて宣伝しても、他社が売却してしまったら、全部水の泡です。

 

それに、

 

「うちは、専任媒介しか扱いませんよ」

 

という、不動産会社も少なくありません。

 

 

専属専任媒介や専任媒介は、売却すると確実に手数料が入ってくるため、一般媒介の物件よりも、力を入れて売却活動をしてくれる可能性が大きいです。

 

また、あなたに対する活動の報告義務もあるため、自然にそうなるのです。

 

その分、あなたの物件が早く売れる可能性が高まります

 

 

実は、不動産会社もあなたと、専属専任媒介や専任媒介の契約を結びたいため、さまざまな特典を用意していたりします。

 

これに関しては、大手の不動産会社がすごいですね。

 

たとえば、

 

最長2年間最大500万円まで、不動産の補修費用を負担しますよ!
とか、
一定期間中に家が売れなかった場合に、家を買い取ってくれる「買取保証」
とか、

 

さまざまな特典を用意し、あなたと専属専任媒介や専任媒介を結ぼうとします。

 

これらの特典は、受けないともったいないサービスです。

 

是非、複数の不動産会社から話しを聞いて、比較してみてください。

 

⇒ 自宅で相場が把握できるサイト

 

まだまだあるゾ!不動産一括査定サイトの落とし穴!

不動産一括査定サイトを使わないのも、不動産一括査定サイトの落とし穴!

「不動産一括査定サイトを使わないのも、不動産一括査定サイトの落とし穴」ってどういうこと?

 

本来、1000万円で売れるはずの物件が、
500万円での売却になってしまった!

 

なぜ?

 

それは、

 

売却を1社だけに依頼した!

 

ということでした。

 

どういうことかというと、

1社だけの査定だと、その査定額が正しいのか?正しくないのか?
区別することができません。

 

なので、

本来、1000万円で売れるはずの不動産が、500万円での売却になってしまった!

ということが、実は、日常的に起こっています。

 

悪徳不動産会社につかまった!

 

ということではありません。

 

たまたま、売却を依頼した不動産会社が、そのエリア、その物件の売却に強くなかった。

 

ということなんです。

 

実は

実は、大手不動産会社であっても、地元密着型の不動産会社であっても、エリアや物件によっては、得意・不得意があるのです。

 

ましてや、賃貸が得意な不動産会社に、売却をお願いしても、期待通りにはいかないでしょう。

 

つまり、これが、「不動産一括査定サイトを使わないのも、不動産一括査定サイトの落とし穴」ということになります。

 

じゃ、どうすればいいの?

それは、査定をしてもらう前に、あらかじめ相場を確認でき、最低でも2社以上に査定を依頼することができるサイトを使うこと。

 

です。

 

最低でも2社以上に査定を依頼することができるサイト
という意味では、どの不動産一括査定サイトを使っても大丈夫なのですが、

 

査定をしてもらう前に、あらかじめ相場を確認でき、
という意味では、『HOME4U』 の他に、『イエイ』『イエウール』 があります。

 

この3サイトとも、「机上査定」 というものを選択できます。

 

だから、自宅に居ながら、簡単に相場を把握できるのです。

机上査定

 

大事なことなので、もう一度言います。

 

なぜ、あらかじめ相場が確認できないとだめなのでしょうか?

 

それは、

 

査定額が高すぎても要注意!

 

だからです。

自宅相場

 

そして、査定額はもちろんですが、「専任媒介契約」の特典も比較することが大事です。

 

実は、この3サイトを同時に使う人が増えています。

 

使ってみるとわかるのですが、どのサイトも途中で不動産会社を選ぶ画面が出てきます。

 

不動産会社を選ぶ画面まで3サイト立ち上げておいて、あとは、不動産会社がかぶらないように、選択する。

 

という使い方をする人が増えてきているようです。

 

特に、地方だと、選択できる企業数が少なくなってしまうため、そういう使い方をする人が多いみたいです。

 

いずれにしても、不動産一括査定サイトは大変便利なシステムですが、逆に不動産業界のシステムを知らないと失敗します。

 

けど、ここまで読んでくれたあなたはもう大丈夫です。

 

お世話になった大切はおウチです。

 

正しい評価をしてくれる不動産会社を選びましょう!

 

オーケー

 

HOME4U

 

イエイ

 

イエウール